Backlot 機能向上: サブコントラクト機能


概要

サブコントラクトはBacklotの新しい機能で、ソースリクエストの納品に関わる関係者全てがコミュニケーションを取れるようにするためのものです。 

今までは、様々な種類のソースリクエストが1社に割り当てられた場合、その会社内で賄えない言語や仕事については別の会社に作業を委託していたことと思います。このワークフローでは、Backlotエコシステムの外側で仕事を管理する必要があり、コミュニケーションの問題や無駄な作業が多く発生する可能性がありました。

サブコントラクト機能の第一段階では、このような作業において大元のフルフィルメントパートナーと委託された会社の間でスムーズなコミュニケーションができるようになりました。今後段階を経て新しい機能が追加されていく予定です。 

 

目標

最終的な目標は、承認されたパートナーのみが我々のエコシステムで作業するようになることです。そのために、第一段階ではNetflixとフルフィルメントパートナー間で作業の可視化、及びより効率の良いコミュニケーションが行える機能が追加されました。 

 

変更点 

Backlot 納品UI

この機能はフルフィルメントパートナーがソースリクエストを別のフルフィルメントパートナーにサブアサイン(委託)することができ、それが可視化されます。フルフィルメントパートナーはBacklotから必要なソースリクエストを選択し、一括処理バーにある「サブアサインアイコン(人型アイコン)」をクリックして他社に仕事を委託することができます(下図参照):

ActionBar_SubAssign-bicubicsharp.png

ソースリクエスト単位で委託したい場合は、そのソースリクエストのアクションバーの上にマウスカーソルを乗せ、「その他のアクション」から「サブアサイン」メニューを選択します:

SubAssign_MoreActions_bicubicsharp.png

仕事の委託先は既存のフルフィルメントパートナー若しくはBacklotにアクセス権のない外部のベンターになります。


既存のフルフィルメントパートナーに委託する場合: 

Screen_Shot_2017-07-18_at_10.51.31_AM.png

既存のパートナーは委託されたソースリクエストを見ることができます。但し、現時点ではNetflixに直接納品することはできません。今後、認定委託会社がNetflixに直接納品できる機能が搭載される予定です。

外部ベンダーに委託する場合: 

otherfp.png

現時点では、外部のベンダーに対してはNetflixのエコシステムの外側で作業を依頼する必要があります。外部ベンダーはBacklotにログインすることはできませんので、ソースリクエストを確認したり、今後機能が追加されてもNetflixに直接納品できるようにはなりません。 

委託情報はNetflix関係者およびフルフィルメントパートナーのみが確認できるようになっています。

ご不明な点がありましたら、チケットを発行してください

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています