Backlot サービスタイプについて

「サービスタイプ」は、Netflixに納品される吹替音声や字幕アセットの作業成果を定義するためのものです。「サービスタイプ」属性は吹替音声及び字幕アセットにのみ適用されます。

「サービスタイプ」には2種類あります:

Create: これはNetflixソースリクエストで必要とされるアセットを一から作る必要がある際のサービスタイプです。吹替音声の場合は吹替音声や解説音声、コメンタリーがフルフィルメントパートナーに提供されないことを意味します。字幕の場合は字幕やSDH、CCファイルがフルフィルメントパートナーに提供されないことを意味します。

Conform: これは既存の吹替音声や字幕ソースアセットを再加工する際のサービスタイプです。この作業には、Netflixへの納品に向けたアセットのQCや修正を含みます。フルフィルメントパートナーはソースリクエストが「Open」の状態の時に「サービスタイプ」を更新してください。ソースリクエストが再納品リクエストの状態になった際、該当する場合にサービスタイプを修正できるようになります。これは、以前コンフォームしたアセットがリジェクトされ、修正箇所が多いためにソースアセットが利用できない場合に発生します。この場合、アセットを最初から作成する必要があり、「サービスタイプ」はフルフィルメントパートナーがCreateに更新します。

同じく更新が必要な素材のステータスと同様に、「サービスタイプ」は一括編集も、個々のソースリクエストに対して編集も行うことができます。

一括編集: 一つ以上の吹替音声アセット用ソースリクエストをソースリクエストダッシュボードから選択してからリクエストの編集ボタンを押すと、リクエストを編集するウィンドウが表示され、素材のステータスとサービスタイプを編集できるようになります。

チェックボックスをクリックして、編集したいソースリクエストを選択します:

洗濯を終えたら、右下にある「リクエストの編集」ボタンを使います:

ポップアップウィンドウが表示され、サービスタイプを変更することができます:

ドロップダウンメニューから最も適したオプションを選択し、「Submit」をクリックします。変更がダッシュボード内の「サービスタイプ」コラムに反映されます。

1つのソースリクエストを編集: 「Source Request Details」ビューから個々のソースリクエストのサービスタイプを更新することもできます。ソースリクエストの上にカーソルを乗せると表示される「詳細」ボタンをクリックしてください:

「詳細」ボタンをクリックすると、新しいタブに「Source Request Details」が表示されます。下部に「サービスタイプ」のドロップダウンメニューがあります。必要なオプションを選択してください。選択したオプションが自動的に保存されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています