エラーコード:

スキャンタイプ-プログレッシブでない

エラーメッセージ:

インターレースの確率: tff=0.010355, bff=0.031623, 最悪値worst=[139400,139600]

説明:

ファイルヘッダーではコンテンツがプログレッシブであるという表示がありますが、画像解析ではインターレース画像の存在が示されています。

Netflixのシステムに通す際にファイルに正しい処理を行えるよう、コンテンツの通知は正確でなければなりません。

ファイルがプログレッシブと通知されている場合は、Netflixではインターレース解除を行いません。 しかし、実際はコンテンツがインターレース化されている場合、Netflixが作成するストリームは結果的にコーミング (スジ) が見えるようになり、視聴体験が悪くなります。

ソリューション:

ファイルをチェックし、プログレッシブまたはインターレースかという点でヘッダー情報がコンテンツと必ず一致するようにしてください。

MPEG2に関しては、トランスコードが必要です。 この問題がProResアセットに影響を及ぼす場合は、JES Extensifierでフィールドオーダータグを修正することができます。

コンテンツがプログレッシブ(例:最近のインタビュー)とアーカイブ素材(例:昔のテレビ放送、低フレームレートのフィルムスキャン)が混在するドキュメンタリーの場合は、対象ファイルのフィールドオーダーが最新の素材(例:最近のインタビュー)を正確に表現するようにしてください。 コンテンツの性質をBacklot経由でNetflix担当者に連絡してください。状況に応じてエラーを無効にすることができます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています