エラーコード:

ビデオに、VITC (垂直区間タイムコード) が含まれています

説明:

ビデオに、画面の上から下に垂直に走る白い点滅線として表示されるVITC (垂直区間タイムコード) が含まれています。

ソリューション:

VITCが見られるのはSD (NTSC&PAL) ビデオのみです。 一般に、通常の視聴領域またはラスターの外の、走査線の12番目と21番目の間に表示されます。 Netflixの仕様 (720x480 NTSCおよび720x576 PAL) では、これらの線は除かれます。 ラスターサイズが大きいファイル (720x512または720x608) にはVITCが (存在する場合は) 含まれ、そのためクロップする必要があります。

ほとんどのトランスコーダーには、720x512や720x608のコンテンツの対応方法を命令するグローバル (システム全体の) 設定があります。 設定が正しければ、(VITCのある) ソースをトランスコードし、出力プロファイルに特別なフィルターをかけなくても (VITCなしで) ファイルを作成できるはずです。 これらの設定が見つからない場合は、お使いのソフトウェアメーカーに連絡して、サポートを依頼してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています