エラーコード:

アナライザー-テレシネの検出(テレシネの検出)

エラーメッセージ:

テレシネ=真のNTSC: [Top 0.4287, 0.7259, 0.5906...]

説明:

コンテンツがネイティブフレームレートでないことを示すプルダウンパターンを、ツールが検出しました。

この検査では、ビデオ(上部/下部)のフィールド上下セットの両方を見て、数字を3セット提供します。

3番目の数値:このテストに使用可能であったビデオ内フレームの割合(動画のあるシーン)

2番目の数値:使用可能なフレームで影響を受けたものの割合

最初の数値:テレシネの影響を受けていると考えられるビデオ全体の総合的な割合

3:2と4:1のプルダウンパターン両方を検出することができます。

3:2プルダウン: 5フレームあるシーケンスで、3フレームがプログレッシブ、2フレームがインターレースで表示されます。 このパターン(ケイデンス)は、プログラム全体で繰り返されます。 時折、このケイデンスは壊れることがあります。これは通常、プルダウンした後に行われる編集が原因です。

4:1プルダウン: 5フレームあるシーケンスで、5フレームがプログレッシブで表示されますが、4番目と5番目のフレームは同一になります。 3:2プルダウンパターンの素材がインターレース解除された場合に発生する場合が多いです。

ソリューション:

3:2プルダウンがある場合は、逆テレシネを行う必要があります。 すべてのトランスコーダーには、この機能がフィルタとして備わっています。 お使いのトランスコーダーによっては、壊れたケイデンスの検出を有効にするオプションがあるかもしれません。 この設定を有効にして、プルダウンパターンがどの時点で壊れていてもトランスコーダーが修正できるようにします。 これにより、プログレッシブ(および固有)フレームのみで23.98フレーム/秒または24フレーム/秒のマスターが作成されます。

4:1プルダウンがある場合は、3:2プルダウンのオリジナルファイルを探して、逆テレシネを行ってください。 オリジナルファイルにアクセスできない場合は、対象ファイルを4:1プルダウンの検出・削除が可能なCinnafilmのTachyonにかけることができます。 最終的に、重複フレームのない23.98フレーム/秒または24フレーム/秒のマスターが必要です。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています