エラーコード:

音声のひずみ

説明:

音声が過度に変調されているため、視聴体験を損ねる顕著な歪みが生じています。

ソリューション:

ソースをチェックしてください。 ソースに問題が無いようであれば、音声レベルがある時点で調整された可能性があります。タイミングとしては、テープマスターの取り込み時 (テープデッキの設定ミス)、編集時 (ノンリニア編集ソフトの音声ミキサーの調整が間違っている)、あるいはトランスコード時 (音量調整フィルターがかかっている) が考えられます。

音声に問題がないことが確認できるワークフローのポイントまで戻り、そのポイントから再処理を開始してください。 編集を行うためにノンリニア編集 (NLE) を取り入れる必要がある場合は、そのNLEが正しく設定されていることを確認してください。また、再トランスコード時は、使用プロファイルに意図しない音量調整フィルターがかかっていないことを確認してください。

お使いのソースにこの問題が存在する場合は、別のマスターあるいは影響を受けている音声と交換可能な別の音声ステムを探してください。

改善された音声ソースを提供できない場合は、Backlot経由でNetflix担当者に連絡してください。

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています