エラーコード:

客観的な翻訳エラー

説明:

タイムテキスト又は吹き替え音声の翻訳がネイティブスピーカーのセリフを忠実に表現していません。

ソリューション:

これは通常、ネイティブスピーカーではない人が翻訳したか、機械翻訳を使ったことが原因です。 使用言語がおかしかったり、間違った言葉が使われていると、ストーリーを理解するのが難しくなります。

この問題の発生を回避するための最善策は、(翻訳の言語の) ネイティブスピーカーが翻訳するか (作成する場合)、納品する前に対象のタイムテキストファイルをQCにかけることです(既存のアセットを再利用する場合)。

もっとよいソースを探すあるいは作成して再納品する前に、必ず対象ファイルをネイティブスピーカーがチェックするようにしてください。

翻訳が正確であると確信している場合、あるいはコンテンツの制作者が意図的に脚色していた場合、時折この問題が生じることがあります。 その場合は、この問題を再確認してもらうよう、Backlot経由でNetflix担当者に連絡してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
4人中2人がこの記事が役に立ったと言っています