エラーコード:

ビデオのヒット

説明:

ビデオの中にある1つまたは複数のフィールド / フレームの間にカラーブロックまたはチェッカーパターンが見えます。これらは通常、テープのキャプチャ時やファイルの転送時の問題と関連があります (ただし、これに限りません)。

ソリューション:

お使いのソースがDigiBetaやHDCAMSR等のテープであった場合、この問題はテープのキャプチャ時にあります。 これは、その時点でテープに損傷があったか、テープまたはデッキのホコリ / ゴミが原因であると考えられます。 このような場合、この問題は、その時点でテープの確認が行われる度に微妙に違って現れるかもしれません。また、時には、完全に隠されている可能性もあります。 テープに損傷やホコリ、ゴミがないこと、並びにテープデッキのヘッドが正常であることを確認し、 キャプチャし直してください。

この問題がテープに焼き付けられている場合は、テープのダビング中にこの問題が引き起こされた可能性があります。 焼き付けエラーのない別のテープソースを探してください。

この問題はデータの破損によって生じることもあります。 このソースファイルがこれまでに自動QCエラーコード「アナライザー-ビデオデコーディングエラー」または「アナライザー-ビデオデコーディングエラーセカンダリー」にあたったことがある場合は、Netflixがこのエラーをレビューして明らかな問題がないと判断し、このエラーを無効化した可能性があります。 しかし、その後、Netflixストリームのエンコード中にこの問題が明らかになりました。 その場合は、この問題がない別のソースが必要になります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています