エラーコード:

ヴァリデーター-1 (ソース再生時間エラー)

エラーメッセージ:

新しいソースのランタイム=1348、現状のビデオソース ランタイム=1363、ランタイムの不一致が許容値1秒を超えています。

説明:

納品済のオリジナルアセットのランタイムと、再度供給されたアセットのランタイムとの間に差が検出されました。 これは、再納品リクエストまたはアップグレードリクエストを実行する際に発生することがあります。 このエラーメッセージは、両方のアセットの再生時間を秒で表示します。

この問題の典型的な例として、バーおよびトーンといった余計な素材や、広告の区切り、最後に長すぎる黒画面があるといった原因で、最初にアップロードされたファイルが失敗するということがあります。 再納品されたファイルでは、ファイルを準拠させるため、こうした素材は削除されていますが、この新たなファイルの再生時間が短くなっています。

A/V多重化アセットについては、最大1秒差まで許容されています。 また、セカンダリーオーディオアセットについては、最大5秒差まで許容されています。

ソリューション:

再納品リクエストあるいはアップグレードリクエストに応じる際は、Backlotから利用できるプロキシを使って、新しいファイルの再生時間が元のファイルと同じになるようにしてください。

余計な素材を削除したために元のファイルと再生時間が異なるファイルを再納品する必要がある場合は、その旨をNetflix担当者に連絡してください。担当者の方で対象エラーを無効にできます。

Are you a Netflix representative? You can solve this issue!

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています