エラーコード:

字幕焼き付け

説明:

セリフが字幕化され、ビデオに焼き付けられています。

ソリューション:

字幕のないマスターが必要です。

Netflixは、「字幕なし」をメインタイトル、エンドクレジット、説明テキスト、地名データ、およびその他の補足 / 創作テキストが存在するものの、メインビデオの言語に関わらずセリフの字幕ダイアログが焼き付けられていないものと定義しています。

全編ほぼ英語の映画の中に、別の言語を話すキャラクターが登場するシーンがいくつかある場合で、それらのシーンが字幕に焼き付けられているような状況があるかもしれません。

その場合でも、字幕の無いマスターを見つけて、再納品してください。 テキストなしの要素が入手できる場合は、そのテキストなし要素で字幕のセクションを置き換えてみてください。

この作業を行った場合は、Backlot経由でNetflix担当者に連絡してください。これは、視聴者がフォローできるように、これらのセクションを対象とした強制字幕のソースリクエストを作成する必要があるためです。

この記事は役に立ちましたか?
15人中15人がこの記事が役に立ったと言っています