エラーコード:

サポート不可-6 (メインソース言語の差し替え間違い)

エラーメッセージ:

既存のメインソース言語コード= frおよび修正後のメインソース言語コード= fr-CA

説明:

間違った言語コードを更新しようと、メタデータとソースが再納品されたために不一致が生じました。 上記の例では、A/V多重化ファイルが言語コード「fr」で最初にアップロードされていましたが、手動QCにかけたところ、原語は、「fr-CA」であることがわかりました。 その後、パートナーが正しい言語コード「fr-CA」を使ってメタデータを更新し、(オリジナルと同一の)ビデオを再アップロードしようとしました。

ソリューション:

言語コードを修正するだけでよい場合は、Backlot納品UIを通じてメタデータのみの再納品を行います。

Netflix担当者に連絡し、ソースリクエストを「新しいメタデータのみ」の再納品に変更するよう依頼してください。 変更が終了し、再納品が可能になったときに、担当者から連絡を差し上げます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています