エラーコード:

フレームエッジアーチファクト

説明:

フレームの端にそって歪みが見えます。

ソリューション:

この問題は、プログラム全体にわたって素材のブランキング量が変化する場合に発生することがあります。 素材が古いとブランキング量が各シーンで大きく変化することがあるため、これはよく起こります。

この問題の原因となり得る、もう一つの一般的なアーチファクトは、SD PALコンテンツにインターレース解除が行われた場合です。 PALコンテンツには、画像の上と下に向かって半ラインのブランキングがあります。 インターレース解除の際、この半ラインが誤って扱われた結果、最初と最後のラインのピクセルに沿って顕著で気を散らせるような「ジッター」が生じる可能性があります。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています