強制字幕の説明 


概要

強制字幕(FN) は、コミュニケーションを説明した、あるいは視聴者が理解できるよう別の言語を説明したテキストオーバーレイです。これらを使って、吹替/ ローカライズされた音声に含まれないセリフや、文字で説明された図または場所/ 人の情報を説明することもできます。各国および各デバイスで共通の視聴体験を実現するため、強制字幕はローカライズされ、個別のタイムテキストファイルとして納品されます。メインビデオの映像(A/VMux) は、字幕付きとなる作品であっても、字幕なしファイル(つまりテキストなし) で納品してください。完全な字幕および強制字幕の両方とも、映像への焼き込みは行われません。



Netflixのサービスで強制字幕が表示されるのは、ユーザーが再生設定で字幕とCCをオフにしている時のみです。字幕やSDH/CCをオンにしている時は強制字幕は表示されません。そのため、すべての強制字幕イベントを字幕ファイルおよびSDH/CCファイルにも含める必要があります。


使用する場合

強制字幕は次の場合に使用されます:

1. その作品の元の言語と異なる外国語の短いセリフなどで、視聴者に理解してもらうことを目的とするもの。






例: 「Lost」の登場人物が韓国語を話す場面で、字幕設定が「オフ」でも強制字幕が表示される。

2. 元の言語で表される場所/ 人の情報、日付、その他の表示(「ホワイトハウス、12 月10 日」等) の翻訳製作物の要素として、これらの文字グラフィックは通常、映像に焼き込まれます。そのため、外国語のみ強制字幕として表示されます。下のスクリーンショットでは、画面に映る場所の情報が英語(Manitowoc County, Wisconsin (ウィンスコンシン州マニトワック郡)) とスペイン語の吹替用字幕の翻訳(Condado De Manitowoc, Wisconsin) で表示されています。 


3. 字幕がなければ一般的に理解されないようなコミュニケーション(手話、字幕付きの犬、クリンゴン語等)


      
例: 手話の表示に使用されている英語およびスペイン語の強制字幕(注:強制字幕のテキストオーバーレイと対称的に、画面3 分の1 の中央部分は製作物のグラフィック要素であるため、映像に焼き込まれています。)



例: クリンゴン語に対応する英語の強制字幕

4. 同じ言語で書き直されたセリフ。たいていは、(一般的にドキュメンタリーで音声が聞こえない、あるいは歪んでいる場合に) 視聴者にわかりやすくするために行われる。






強制字幕の個別表示支援

このようなタイムテキストを別納する方法や、Netflix にアクセスできるデバイスの種類の多さから、強制字幕の体裁を保証する方法がありません。視聴に用いるデバイスやそのデバイス自体のフォントの利用可否に応じて、フォントが異なって見える場合があります。たとえば、ウェブのユーザーインターフェースでは、Netflix のタイムテキストの仕様に従って納品された強制字幕に次のような表示オプションがユーザーに提供されています:





一般的なユーザーインターフェースの動作 

タイムテキストファイルのサポートを使うと、吹替用字幕の位置を動的に変更して視聴者に最もわかりやすい表現を維持することができます。次の例では強制字幕の動作がNetflix のUI で異なることを示しています:

1. プレイバーが動作(一時停止、早送り、早戻し) 中に、字幕と強制字幕は読める状態で画面上に移動します。 


2. 強制字幕のテキストは、映像および/ または位置表示の情報の妨げにならないよう、画面の上/ 下に移動します。下の例では、上部に配置された字幕の領域を示しています。中央下が通常の強制字幕の位置です。 




例: 上部に配置された字幕


例: 通常の吹替用字幕の位置


仕様書のリンク: 


• オリジナル作品詳細技術仕様及びオペレーターマニュアル 

• タイムテキストスタイルガイド




 

 この記事のPDF版は以下よりダウンロードできます:

日本語ドキュメント

英語ドキュメント


変更/改訂履歴:

2017-01-02

強制字幕の再生時の表示に関する詳しい説明を概要に追加するための改訂

 

 

この記事は役に立ちましたか?
87人中85人がこの記事が役に立ったと言っています