質問:

Netflixが定義する「プラカード」とは何ですか?またどのようなものであれば問題がないですか?

回答:

作品の最初に、あらすじとは関係なく、会社や制作クレジットでもない余分なコンテンツが入っている場合、それをプラカードとして受け入れることはできません。よくあるプラカードの例としては、「閲覧注意」カードです。

全てのプラカードに対してQC中にフラグを立てますが、以下のプラカードに対しては再納品リクエストを行いません:

  • 映像コンテンツの背景設定
    • “これは実際に起きた出来事に基づいています”
    • “一部の名前や場所は意図的に変更されています”
  • 免責事項
    • “全ての容疑者は有罪が証明されるまで無罪と考えられています”
    • “〜をしようとしないでください”

納品するべきではないプラカードの種類:

  • 追加情報が記されていない視聴者へのアドバイザリカードや免責事項
    • "本作品における意見は必ずしも(放送局や制作会社の)考え方を反映するものではありません"
    • "本作品には視聴者によっては気分を害する可能性のあるシーンが含まれています"
    • "閲覧注意"
この記事は役に立ちましたか?
10人中9人がこの記事が役に立ったと言っています