コンテンツハブ: アップロード手順

Netflixコンテンツハブ:
https://contenthub.netflix.com/

ご質問ですか? こちらにご連絡ください: backlot.support@netflix.com


ログイン

既にバックロットアカウントをお持ちの場合は、上記URLからコンテンツハブにアクセスすることができます。バックロットアカウントをお持ちでない場合は、Netflix担当者までアカウント設定についてお尋ねください。

バックロットにログインすると、コンテンツハブ からメイン画面に移動し、あなたにアクセス権のあるプロジェクトのリストが表示されます。このページでNetflixプロジェクトのリンクが何も見えない場合は、プロジェクトのアクセス権についてNetflix担当者と確認してください。

 

マイプロジェクトの閲覧

1つのプロジェクトをクリックすると、以下のような画面に切り替わり、「バケット」リストと各バケットに含まれるアセットが表示されます:



バケット

プロジェクトはバケットで構成されており、プロダクションやポストプロダクション部が制作したアセットを元に、アセットがグループ分けされています。例えば、映像バケットにはWebで再生可能なプロキシやカメラRAW、サウンドロール、LUTなどそのプロジェクトの全てのデイリーが含まれます。

バケットリスト 

  • 映像 (APIのみ)
  • デイリーのビン
  • 編集
  • 最終音声
  • VFX
  • 音楽
  • 最終サウンド (リクエストされた時のみ)
  • 映像関連の納品物 (DI アセット) (リクエストされた時のみ)
  • 非配信用マスター (リクエストされた時のみ)

アセットの閲覧

各バケットを選択することで、そのバケット特有の条件に基づいてアセットを検索、フィルタすることのできるアセット閲覧ページに移動します。

リクエストを満たすには (DI, 音声, 非配信用マスター)

リクエストを満たすためのビデオチュートリアルはこちらをクリックしてください

1. プロジェクト内で、バケットフィルタを使って特定のバケット上でフィルタをかけます。



2. 最終音声 ヘッダーをクリックしてリクエストビューを開きます。




3. 納品したいリクエストまで絞り込むにはフィルタバーを使用してください。



4. 表の左側にあるチェックボックスをクリックして納品したいリクエストを選択した後、ページの右側にあるアセットのアップロード ボタンをクリックします。





5. これにより、ファイルをドラッグ&ドロップしてアップロードすることのできるソース納品UIに移動します。



6. ページ上部にあるドロップ領域に、アップロードしたいファイルをドラッグ&ドロップします。



7. Files to deliverドロップダウンメニューからアップロードしたファイルを選択して、特定のリクエストに関連づけを行います。




8. いくつかのリクエストタイプでは、追加のメタデータを入力する必要があります。この例では(映画)、各ファイルが関連付いているリールを選択します。




9. 納品するリクエストを選択し、DELIVER ボタンをクリックすると、アスペラ転送が開始されます。



10. アップロードが成功すると、コンテンツハブの画面に戻ります。



一括アップロードツール

一括アップロードツールを使用することで、だれでもデスクトップからAspera経由でアーカイブに対してアセットをアップロードすることができます。

1.ファイルをバケットにドラッグ&ドロップします。例では、音楽バケットにドラッグ&ドロップしています。 




2.正しいメタデータでファイルをタグ付けし、アップロードします。


注:複数のファイルを選択し、一括アクションメニューからメタデータの編集を選択することで、メタデータを一括編集することができます。




アセットの状態

アセットは以下の状態のいずれかになります。

  • Failed Delivery 納品の失敗
  • In Progress 進行中
  • Validating 認証中
  • Invalid 無効
  • Delivered 納品完了
  • Valid 有効- ファイルアップロードに成功しました

アセットが有効の状態になると、そのアセットがコンテンツハブに正しくアップロードされたことを意味します:




 



付録

ブラウザの互換性

コンテンツハブは現在、Google Chromeブラウザのみをサポートしています。

Aspera転送のデバッグ
アップロード中にエラーメッセージが表示された場合は、以下の手順に従ってください:

1. 転送ウィンドウで、転送キューにアップロードしたファイル名が表示されていることを確認します。そこにない場合、Aspera転送は成功していないことを意味します。ブラウザを再起動し、再度アップロードを行ってください。

2. Aspera転送ビューにエラーが出ている場合は、このヘルプページ に行き、Aspera Connectの問題をトラブルシューティングしてください。

3. 手順1と2を行っても問題が解決しない場合は、コンテントハブのエラーの画面キャプチャと、Aspera Connectログを添付してサポートチームにEメールを送ってください。


転送ビューとAspera Connectログの確認の仕方:
このヘルプページ を使い、手順に従ってください。ショービューはAspera ConnectアプリケーションのメニューアイテムにあるWindow -> Transfers に移動してください。

連番ファイル向けTAR仕様

連番ファイル(DPX連番、フレームベースクリップのカメラロール) は、アーカイブコンテンツのMD5チェックサムを全てリスト化したchecksum.txt ファイルを含んだ状態でTARアーカイブにします。TARファイルにはサブディレクトリを含まず、ファイルが階層化されていないフラットな状態にしてください。

checksum.txt マニフェストはTARの中に含んでください。checksum.txtの中身のフォーマットはタブ区切りで、以下のコラムを含ませてください:

filename size(bytes or blocks) md5(checksum type) md5checksum

5枚の連番ファイルを例に挙げると: 

-rw-r--r--  1 amargoline  staff   6 Jan 23 14:47 1.exr

-rw-r--r--  1 amargoline  staff   2 Jan 23 14:48 5.exr

-rw-r--r--  1 amargoline  staff  22 Jan 23 14:48 4.exr

-rw-r--r--  1 amargoline  staff  12 Jan 23 14:48 3.exr

-rw-r--r--  1 amargoline  staff  10 Jan 23 14:48 2.exr

 
連番フォルダ内から、以下のコマンドを実行してchecksum.txtを作成します。

 find . -type f -maxdepth 1 -exec sh -c "ls -s '{}' | cut -d' ' -f1  | tr  '\n' ' ' " \; -exec md5 -r {} \; | awk '{print $3,"\t",$1,"\t","md5","\t",$2}' > checksum.txt


checksum.txt の例 (注:スペースはTAB区切り)

1.exr 8 md5 09f7e02f1290be211da707a266f153b3

2.exr 8 md5 ac4434fc6e7bb238e0349e018f3c96bf

3.exr 8 md5 abc7dc6ca1883b025ecf25af68eaba79

4.exr 8 md5 865471defd1407d20b72ca1550547555

5.exr 8 md5 b026324c6904b2a9cb4b88d6d61c81d1

 

checksum.txt を含む連番フォルダの「外側」(一つ上の階層)からTARを作成します。

tar -czvf sequence.tar.gz -C yourFolder . 

 

上級者向けTIP: pigzという並列gzipツールを使うことで、より高速にtarアーカイブを作成することができます。pigzをインストールするには、ターミナルでbrew install pigz を実行してください。brew がない場合はここ で入手可能です。pigzを使う場合は、上記のコマンドラインの代わりに以下のコマンドラインを使用してください。処理速度は使用しているマシンのCPU数によって変わります(4 コアの場合は4倍速)。

/bin/bash -c "tar -c yourFolder  | pigz -1 > outputFilename

 

TARにはchecksum.txt と連番1から5までの.exrファイルが含まれます:

tar -tvf sequence.tar.gz

-rw-r--r--  0 amargoline staff       6 Jan 23 14:47 1.exr

-rw-r--r--  0 amargoline staff      10 Jan 23 14:48 2.exr

-rw-r--r--  0 amargoline staff      12 Jan 23 14:48 3.exr

-rw-r--r--  0 amargoline staff      22 Jan 23 14:48 4.exr

-rw-r--r--  0 amargoline staff       2 Jan 23 14:48 5.exr

-rw-r--r--  0 amargoline staff     225 Jan 23 14:56 checksum.txt

この記事は役に立ちましたか?
4人中4人がこの記事が役に立ったと言っています