質問:

オーディオやローカライゼーションのマスターQCレポートはどこで確認できますか?

回答:

オーディオQCについては、ローカライゼーションQCノートがソースリクエスト内に統合されました。今後、マスターQC及びローカライゼーションQCを経るセカンダリオーディオファイルに関しては、ソースリクエストの品質管理(QC)セクションでオーディオファイル用に2つのQCレポートが表示されます。

オーディオファイルに対する再納品リクエストが行われた場合、マスターQCとローカライゼーションQCの片方、または両方を経たかによって、この2つのレポートのいずれか、または両方が表示されます。

マスターQC及びローカライゼーションQCの両方を経るオーディオファイルの場合:

マスターQC及びローカライゼーションQCの両方が完了すると、ソースリクエスト上に両方のレポートへのリンクが表示されます:

1つのQCレポートが完了し、もう1つを待っている場合、完了したレポートにはアクセスできますが、もう片方のQCが完了するまでソースリクエストが再納品リクエストに切り替わることはありません。結果欄は両方のQCレポートの準備ができるまで空欄のままです。

両方のレポートに記された全ての問題に取り組んでください。

1つのQCのみを経るオーディオファイルの場合 (マスターもしくはローカライゼーション):

QCが完了するとソースリクエストは再納品リクエストに移動し、1つのレポートのみが表示されます。QCを通過すると結果の欄に結果が表示されます。

レポート:

マスターQCレポートはそのまま残ります。レポートに対しては手動でアクセス権が割り当てられます。アクセス権がない場合は、そのタイトルを担当するコンテンツディストリビューションスペシャリストにリクエストしてください。

ローカライゼーションQCレポートは新しく追加されたものですが、マスターQCレポートに似たフォーマットになっています。needs review(確認が必要)needs fix(修正が必要)blocker(ブロッカー)の重大度を持つ全ての問題に取り組んでください。

重大レベルに新しく blocker(ブロッカー)を追加しました。 これは、Netflixがアセットを配信することを妨げる問題ですので、速やかに対応してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています